妊娠期間を健康に過ごす為に避妊薬を服用し時期を管理

女性に取って、妊娠し、出産するということは、人生最大の大仕事とも言えることで、自分の命をかけて子供を産むといっても過言ではありません。どんなに健康体の方でも、妊娠すると体質が変わり、出産日までほとんど安静に過ごさなければならないことも珍しくはなく、身体に気を付けてはいても、普段と同じように過ごせなくなってしまう方も少なくありません。女性の社会進出が当たり前となっているこの時代、責任ある地位で仕事をしている女性も多く、予定外の妊娠をしてしまうと、周囲にも多大なる迷惑をかけてしまうことにもなってしまいます。社会人としてこれは無責任といわれても仕方のないことで、その後の人生設計まで大きく狂わせてしまうことにもつながりかねません。妊娠期間中は、ホルモンバランスの関係から、心身ともに大きく変貌を遂げていくものなので、心身ともに健康に過ごし、元気な赤ちゃんを産むためにも、しっかりと環境を整えたうえで妊娠するのが望ましいでしょう。妊娠を視野に入れるようになれば、禁煙、禁酒をはじめたり、不用意に医薬品を服用してしまうこともなくなり、胎児の成長に影響を及ぼしてしまうことが避けられます。そのためにも、女性は、自分で子供を持つという時期を決めるべきで、普段は避妊薬を服用して自身の身体を、しっかりと管理しておくことをお勧めします。代表的な避妊薬である低用量ピルは、副作用のリスクも低く、安全に服用できる素晴らしい薬です。毎日飲み忘れることがなければ、高い確率で妊娠を防げ、生理周期も安定させてくれるので、不妊の原因といわれている生理不順も改善することができます。妊娠したいと考えれば、ピルの服用をやめれば良いだけなので、とても便利なお薬です。

避妊薬ヤーズは風俗嬢以外に多くの女性が服用している

避妊薬といえば風俗嬢というイメージを、持っている方もまだまだ多いようです。
確かに風俗嬢の方の多くは、避妊薬を活用しているでしょう。
しかし、風俗嬢では無い女性も、最近は避妊薬を服用する方が増えています。
避妊薬、ピルは女性ホルモンの量を一定に保ち、排卵をストップさせる薬です。
排卵が起こらない為、性交渉を行っても受精卵が作られる事はありません。
ですので、正しく服用すれば100%の確率で、避妊の効果を得られます。
また、避妊目的だけではなく、最近は様々な病気の治療にもピルは処方されています。
例えば子宮内膜が厚くなり過ぎてしまい、生理痛や不妊症の原因となる子宮内膜症もピルで症状を緩和できます。
また、月経不順や月経困難症、PMSといった女性特有の病気の治療にも、ピルは処方されているのです。
ピルは病気の治療だけに、処方される薬ではありません。
生理の日にちをコントロースする為に、服用する女性も多いようです。
このように、女性をサポートしてくれる薬として、ピルは幅広く活用されています。
ピルにも色々な種類があり、最近は超低用量ピルとして知られる「ヤーズ」を、処方するクリニックが増えてきました。
ヤーズは含まれているホルモン剤の量が、最小限に抑えられているピルです。
ホルモン剤の量が少ない為、服用しても副作用が起こり難いという点が魅力です。
また、新しいタイプのホルモン剤が使われており、今までのピルで多かったむくみの症状が出にくいと言われています。
ピルは毎日飲む事になる薬なので、やはり副作用は心配です。
体への負担が少ない超低用量ピル「ヤーズ」であれば、初めてピルを服用するという方も、安心して続けられるでしょう。

経口避妊薬のアンジュの服用時は血栓症のリスクに注意

経口避妊薬は、女性が自分のライフスタイルを守るために便利に使える薬で、アンジュなどの種類があります。
子供はまだ作りたくないという希望がある場合、従来はコンドームなどで避妊をする方法が多く使われていました。
しかし、コンドームには稀に不良品などがあり、外れてしまうことや、用意するのを忘れてしまうなどのアクシデントによって、望まない妊娠をしてしまう女性も多くいました。
経口避妊薬の内、低用量ピルと呼ばれているアンジュなどの薬は、婦人科やレディースクリニックなどで医師に処方してもらい、毎日決められた方法で服用しておくことで、女性が自分の意思で高い避妊効果を得ることが出来るのがメリットとなります。
また、アンジュなどの低用量ピルは、服用していると生理痛が軽くなったり、大人ニキビが改善するなどの、避妊効果以外の体への嬉しい影響(副効用)も得られることが魅力となっています。
アンジュの有効成分はレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールで、21錠タイプと28錠タイプから選べます。
28錠タイプは薬の飲み忘れをしにくい特徴があるので、初めて低用量ピルを飲む人におすすめですが、処方してもらう経口避妊薬の種類は、婦人科で医師と相談して決めると良いでしょう。
さて、経口避妊薬は基本的には安全な薬ですが、ごく稀に血栓症を副作用として起こすことがリスクとしてあります。
血栓症は、血管内に血栓と呼ばれる血の塊が出来て血管に詰まる病気で、血栓が詰まる場所によっては危険な状態になる場合もあるので、アンジュなどを飲んでいて血栓症かもしれないと疑われるようなことがあれば、薬を飲むのを中止してすぐに医師に相談するようにしましょう。
また、タバコを多く吸う習慣がある人などは血栓症のリスクが高くなるので、アンジュなどの処方を断られる場合もあります。
経口避妊薬は自分の体調を医師に伝えた上で、安全に使用するのがおすすめです。

避妊薬とコンドームとフラコラの併用は大丈夫?

避妊薬といえばピルですが、加齢によって女性ホルモンが減少することで起こる更年期障害や重い生理痛、子宮内膜症の症状の緩和や、卵巣がんや子宮体がんなどの発生リスクを軽減する効果が期待できるなどして、避妊以外の目的で服用する人が増えているようです。

ただ、日本においては避妊目的でピルなどの避妊薬を服用する人はまだ少なく、男性の避妊具であるコンドームを使用する人が多いのが現状です。

避妊薬は高い確率で妊娠を回避できますが、コンドームの場合破けていたり途中で外れたり穴が開いていることもあるのでしっかり装着していても80%の避妊効果といわれています。

コンビニなどでもすぐ購入でき、比較的安価であることも人気が高い理由ですがピルなどと違ってほかの薬やサプリメントと併用しても問題がないというのも需要が高い理由の一つともいえます。

たとえば、飲む化粧品として話題になっているフラコラは、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンなどが多く含まれているため、そのもの単体で飲む分には構わないのですがピルなどの併用してしまうとエストロゲンの働きが過剰になりすぎてホルモンバランスを乱して体調を崩す恐れがあるので、併用するのは良くないといわれています。

しかし、男性に避妊を任せるしかないコンドームは、もし妊娠した場合それが待ちに待ったものなら良いのですが望まないものであったなら男性は逃げるだけですみますがすべてを抱えて受け入れ、心も体も傷つくのは女性です。

確かにピルは費用が高いですし抵抗がある人は多いかと思われます。

自分の体を守れるのは自分しかいません。
そのためにも避妊薬であるピルの服用をしていくことをおすすめします。

避妊薬処方の初診料、家族性高コレステロール

避妊薬、いわゆる「ピル」はクリニックで処方して購入する薬です。
正しく服用する事によって、確実に避妊の効果を得られます。
望まない妊娠を避ける為にも、大人の女性であればマナーとして活用したいものです。
また、ピルは避妊目的だけでなく様々な治療にも用いられています。
月経困難症や子宮内膜症、PMSといった女性特有の病気もピルで治療し、症状を緩和する事が可能です。
また、生理を早めたり遅らせるなど、生理のコントロールに服用している女性も少なくありません。
この他に女性ホルモンバランスが崩れる事で起こる、大人ニキビの治療にもピルを処方するクリニックが増えつつあります。
以前に比べピルは認知度も高くなり、多くの方が服用するようになりました。
何となく抵抗を感じるという方も多い薬ですが、正しく活用すれば女性のライフスタイルをサポートしてくれるでしょう。
ピルをはじめて処方してもらうという場合、初診料が必要です。
クリニックなどによっても変わりますが、初診料とピル代を含め約3000円から5000円程の費用がかかります。
ピルは多くの方が服用している薬ですので、安心し服用できますが注意したいのが、「家族性高コレステロール血症」を患っている方です。
家族性高コレステロール血症は、遺伝性の病気でこれエステロールが高くなり、血栓が出来やすいのが特徴です。
ピルは健康な方でも、コレステロール値が上がるケースがあります。
ピルに含まれる女性ホルモンが、コレステロールを上げる働きも持っているからです。
家族性高コレステロール血症の方がピルを服用した場合、血栓症を引き起こすリスクがかなり高くなります。
ですので、最初に必ず家族性高コレステロール血症という事を伝えましょう。

エチケット上言いづらい日本での緊急避妊薬の役割

世界でも、先進諸国の一つと認められている日本ではありますが、避妊というものに対する考え方は、まだまだ諸外国には遠く及ばず、男性任せにしている女性も少なくありません。望まない妊娠によって、多大なる被害を被ってしまうのは、女性だけであるにもかかわらず、避妊というものに対して、カップルで真剣に話し合うことは、エチケット上タブー視されているのが実情で、避妊薬を服用している女性は、性に関して奔放だ、遊んでいるといった馬鹿げたイメージを持っている男性も多いようです。諸外国では、ボーイフレンドができた娘に対して、ピルの服用を勧める母親も多く、女性が自分で自分の大切な身体を守るということは、何ら非難されることではありません。日本ではそういった偏見の目を気にして、ピルを服用していることを隠している女性も多く、まだまだ閉鎖的な遅れた国、といわれても仕方がありません。このような風潮が根強く残っていることから、避妊に失敗し、中絶手術を受けなければならない羽目に陥ってしまっているかわいそうな女性が、毎年数えきれないほどいるという報告も上がっています。この少子化の時代、新生児として産まれてくる赤ちゃんの、実に五分の一という数の人工中絶件数が報告されており、これは異常というしかない状態です。普段から避妊薬を服用し、自分の身体をしっかりと管理することは大切ですが、同時に、万が一無防備なセックスを行ってしまった場合には、緊急避妊薬というものがあるという知識を知っておきましょう。毎日服用するものとは違って、含まれるホルモン量も多いアフターピルは、強い吐き気や腹痛など副作用も我慢しなければなりませんが、避妊に失敗したとわかった時点で七十二時間以内に服用すれば、妊娠を回避できる効果があります。

生でセックスしても妊娠しない避妊薬は産後いつから

避妊薬は、生理期間の7日間を除く21日間毎日服用すると、コンドームなどの避妊具を付けずに生でセックスをしても妊娠しません。

コンドームの避妊率が80%ほどなのに対し、避妊薬は90%以上の高い確率で妊娠を回避できるとされています。

また、避妊効果以外にも排卵を抑制し卵巣の損傷を少なくすることができるので子宮体がんや卵巣がん、卵巣嚢腫などの病気の予防に役立つほか、子宮内膜を薄くする効果もあるので重い生理痛や経血の量を軽減する効果も期待できるとされています。

一人目を妊娠して出産した後、夫婦生活を始めようと考えている人にとって、産後はいつから避妊薬を服用できるのか気になるところです。

現在日本で出回っている避妊薬についての禁止事項には、妊娠中、授乳中の人歯服用を避けるように言われています。
おなかの赤ちゃんや母乳を上げている乳幼児にどんな影響が出るのかわからないというのが大きな理由です。
加えて、避妊薬は母乳の分泌を抑制してしまう作用もあるとされています。

そのため、母乳育児をしている女性の場合には産後6ヶ月は避妊薬を服用できないことになっていますが、授乳をしていないのであれば産後21日から服用は可能とされています。

ただ、生でセックスがしたいから母乳が出ているのにそれをやめて避妊薬を服用するというのは好ましいこととは言えないでしょう。

母乳が出なくて困っているお母さんもいますし、母乳を飲むことで赤ちゃんがお母さんから免疫力をもらい病気になりにくいなどのメリットもあります。
母乳が出るのであれば少なくとも1歳までは母乳を上げた方が良いとも言われていますので、避妊をするのであればコンドームを使用してセックスをするのが望ましいといえます。