避妊薬とコンドームとフラコラの併用は大丈夫?

避妊薬といえばピルですが、加齢によって女性ホルモンが減少することで起こる更年期障害や重い生理痛、子宮内膜症の症状の緩和や、卵巣がんや子宮体がんなどの発生リスクを軽減する効果が期待できるなどして、避妊以外の目的で服用する人が増えているようです。

ただ、日本においては避妊目的でピルなどの避妊薬を服用する人はまだ少なく、男性の避妊具であるコンドームを使用する人が多いのが現状です。

避妊薬は高い確率で妊娠を回避できますが、コンドームの場合破けていたり途中で外れたり穴が開いていることもあるのでしっかり装着していても80%の避妊効果といわれています。

コンビニなどでもすぐ購入でき、比較的安価であることも人気が高い理由ですがピルなどと違ってほかの薬やサプリメントと併用しても問題がないというのも需要が高い理由の一つともいえます。

たとえば、飲む化粧品として話題になっているフラコラは、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンなどが多く含まれているため、そのもの単体で飲む分には構わないのですがピルなどの併用してしまうとエストロゲンの働きが過剰になりすぎてホルモンバランスを乱して体調を崩す恐れがあるので、併用するのは良くないといわれています。

しかし、男性に避妊を任せるしかないコンドームは、もし妊娠した場合それが待ちに待ったものなら良いのですが望まないものであったなら男性は逃げるだけですみますがすべてを抱えて受け入れ、心も体も傷つくのは女性です。

確かにピルは費用が高いですし抵抗がある人は多いかと思われます。

自分の体を守れるのは自分しかいません。
そのためにも避妊薬であるピルの服用をしていくことをおすすめします。