避妊薬処方の初診料、家族性高コレステロール

避妊薬、いわゆる「ピル」はクリニックで処方して購入する薬です。
正しく服用する事によって、確実に避妊の効果を得られます。
望まない妊娠を避ける為にも、大人の女性であればマナーとして活用したいものです。
また、ピルは避妊目的だけでなく様々な治療にも用いられています。
月経困難症や子宮内膜症、PMSといった女性特有の病気もピルで治療し、症状を緩和する事が可能です。
また、生理を早めたり遅らせるなど、生理のコントロールに服用している女性も少なくありません。
この他に女性ホルモンバランスが崩れる事で起こる、大人ニキビの治療にもピルを処方するクリニックが増えつつあります。
以前に比べピルは認知度も高くなり、多くの方が服用するようになりました。
何となく抵抗を感じるという方も多い薬ですが、正しく活用すれば女性のライフスタイルをサポートしてくれるでしょう。
ピルをはじめて処方してもらうという場合、初診料が必要です。
クリニックなどによっても変わりますが、初診料とピル代を含め約3000円から5000円程の費用がかかります。
ピルは多くの方が服用している薬ですので、安心し服用できますが注意したいのが、「家族性高コレステロール血症」を患っている方です。
家族性高コレステロール血症は、遺伝性の病気でこれエステロールが高くなり、血栓が出来やすいのが特徴です。
ピルは健康な方でも、コレステロール値が上がるケースがあります。
ピルに含まれる女性ホルモンが、コレステロールを上げる働きも持っているからです。
家族性高コレステロール血症の方がピルを服用した場合、血栓症を引き起こすリスクがかなり高くなります。
ですので、最初に必ず家族性高コレステロール血症という事を伝えましょう。